地中拡幅式混合処理工法

地中拡幅式混合処理工法
Wide Mixing Method

当工法は機械撹拌工法の欠点である地表面からの混合撹拌を最小限に抑えるため、例えば、未改良部をφ200㎜程度で削孔し、改良部をφ800㎜~φ1000㎜にビットを拡大して混合処理する工法である。

特徴

  • 地中において改良計画範囲のみ改良することができる。
  • 地下埋設物に隣接して改良することができる。
  • 掘削径が小さいため、舗装の復旧など有利である。

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら