CMT工法

軟弱土から玉石・岩盤まで!
φ800㎜~φ3000㎜
CMT工法(複合推進工法)
(Compound Mini Tunnel)

CMT工法は、単一システムの工法ではなく色々な施工条件に対応するシステムの総称です

  • CMT式岩盤推進システム
  • CMT式玉石・砂礫地盤推進システム
  • CMT式超軟弱・流砂地盤推進システム
  • CMT式長距離推進システム
  • CMT式曲線推進システム
  • CMT式切羽障害除去推進システム

特徴

  • 切羽の点検ができます。
    バルグヘッドに点検扉を設けてあり、機内より切羽状況が確認できます。また、ビットの点検、交換および転石、シートパイル、流木など障害物の除去が可能です。
  • 工法の選択が可能です。
    カッターヘッド、排土設備、補助工法の選定により、泥水、泥土の工法の変更が  可能です。
  • 方向修正がしやすい。
    修正部分の寸法を短くしているので、微修正が可能です。
  • 本体分割が可能です。
    到達時の掘進機分割解体が可能ですので、基本的に各径のヒューム管が回収  できる大きさがあればOKです。

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら