JST工法

産廃削減工法
JST工法
2液瞬結撹拌工法

JST工法はアースオーガ等の掘削軸にふたつの流体通路を設け、別個のグラウトポンプにより、A液・B液を低圧で供給。
A液・B液・土砂を撹拌翼によって混合撹拌しながら瞬時に土壌を凝結させる工法です。

特徴

  • あらゆる地盤に適用。
    オーガ方式で掘削するため、軟弱な地盤から礫や玉石を含む硬質地盤まで施工できます。
  • 確実な施工効果。
    二液供給方式のため、固化時間(ゲルタイム)調整できます。伏流水による流出や有機質土など化学的条件で固化しにくい地盤なども確実に改良できます。
  • 無公害工法
    二液を低圧で供給し、瞬結させるため、グラウトの流出による周辺井戸汚染など全くありません。
  • 広範囲な用途。
    山留め工、止水工、ヒービング・ボイリング防止、トンネル基礎の強化、石油タンクの基礎、一般構築物の基礎など広い範囲に適しています。

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら