高圧噴射攪拌工法

CCP工法について

我が国は国土の75%が山地・丘陵また、国土の約25%が軟弱地盤で占められている中で、軟弱地盤を改良する工法が都市構造の複雑化と共に地盤改良の分野において、開発されたのがCCPであります。
この工法は、地中に特殊なCCP硬化材を回転ノズルより高圧噴射し、土粒子と硬化材を混合、パイル状のものを造成する工法です。この工法がCCP-P工法(Chemical-Churing-Pile or Chemical-Churing-Pattern)です。
CCP-P工法は従来の薬液注入工法とは異なり、使用する硬化材と機械装置と組み合わせた施工法です。

特長

  • 当工法のシステムは他の工法と比較してはるかにコンパクトであり、その規模は、従来の薬液注入工法と同じ程 度 であるため、狭小現場における機動性に富み、ボーリングマシンを操作できる空間があれば、確実に固結体を造成することができます。
  • 当工法では超高圧の噴射により動圧を加え硬化材に方向性をもたせることにより目的の領域に均一な円柱状の固結体を造成することができます。
  • 当工法はジェットによる地盤攪拌のメカニズムにより、砂質土、粘性土等の土質に地中杭が造成できます。
    CCP-P工法(有効径φ300~φ500) CCP-L,LE工法(有効径φ500~φ1000) CCP-S,SE工法
    (有効径φ800~φ1,500)
  • 当工法にはジェットの破壊力の影響する範囲だけに改良部分が限定されるため、目的外へのやく出はありません。

JSG工法の仕様

有 効 径

項目 土質 砂質土 砂レキ土
N値 N<10 10<N≦20 20<N≦30 30<N≦35 35<N≦40 40<N≦50
標準有効径(m)深度(0m/Z≦25m) 2.0 1.8 1.6 1.4 1.2 1.0 要検討
引上げ時間(分/m) 40 35 30 26 21 17 要検討
硬化材単位吐出量(㎥/分) 0.6
項目 土質 粘性土 腐食土
N値 N<1 N=1 N=2 N=3 N=4
標準有効径(m)深度(0m/Z≦25m) 2.0 1.8 1.6 1.4 1.2 要検討
引上げ時間(分/m) 30 27 23 20 16 要検討
硬化材単位吐出量(㎥/分) 0.06

注-① N値は改良対象地盤最大N値である。
注-② 粘着力が50kN/㎡程度以上の場合、所定の有効径が確保できないこともあるので、注意する必要がある。
注-③ JSG工法では、最大N値を基に決定した標準有効径よりも小さな有効径を造成したい時には、引き上げ時間により検討することができる。

コラムジェットグラウト工法の仕様

対象地盤のN値と適正度

有 効 径

N値 砂レキ 砂質土有効径の10%減を基本とする。(原則として試験施工を行うことが望ましい。)
砂質土 N≦30 30<N≦50 50<N≦100 100<N≦150 150<N≦175 175<N≦200
粘性土 N≦3 3<N≦5 5<N≦7 7<N≦9
腐植土 十分検討の上決定する必要がある
有効径(m)深度Z(m)で区分 0m<
Z≦30m
2.0 2.0 1.8 1.6 1.4 1.2
30m<
Z≦40m
1.8 1.8 1.6 1.4 1.2 1.0
引上げ時間(分/m) 16 20 20 25 25 25
硬化材単位吐出量(㎥/分) 0.18 0.18 0.18 0.14 0.14 0.14

注-① N値は改良対象地盤最大N値である。
注-② 粘着力が50kN/㎡程度以上の場合、所定の有効径が確保できないこともあるので、注意する必要がある。
注-③ コラムジェットグラウト工法では、施工深度がZ>40mについては、十分検討の上決定する必要がある。
基本的には、40mを越えるものは、5m単位でピッチを0.05mずつ詰めることで対応する。

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら