PIT工法

揺動圧入式立坑構築機PC1500~PC3000を使用し、専用の鋼製ケーシング(円筒)を地中に揺動しながら圧入し、その土留(仮設構造物)された鋼製ケーシング内を掘削し、規定の深さまで下げた後、底盤コンクリートを打設し、水替え後立坑として構築するもので、無振動・低騒音で地球にやさしい工法です。

特徴

安全性に優れています!

立坑内での人為作業が少ないため、安全管理が容易です。(接続ボルト着脱等)
鋼製ケーシング使用のため掘削による地山の崩落の恐れがありません。

施工性に優れています!

人為作業は鋼製ケーシングの溶接及び連結のみで殆ど機械作業で済むため、施工性に優れています。
自立性に乏しい地盤であっても薬液注入等の、補助工法は不要(坑口は必要)です。
工期短縮、工数の減少により低コストで仕上がります。

無振動・低騒音です!

ケーシングの圧入・引抜を油圧シリンダーにて操作しますので無振動・低騒音です。

操作性が抜群です!

誰でも簡単に運転できます。

高精度に仕上がります!

精度保持装置により簡単に芯が出せます。

本工法はこんな用途にも使用できます!

推進途中の障害物の除去に。
既設マンホールの改築等に。
マンホール設置に。

作業フロー

施工手順

  1. ケーシングの刃先を先行させつつ圧入掘削を行います。
  2. ケーシング内に注水することにより、周囲の地山をゆるめることなく水中掘削を行います。
  3. トレミー管を使って水中でコンクリートを打設します。
  4. コンクリートを打設後、ケーシングを一部引抜き、コンクリート硬化後に水替えをします。

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら