PJG工法

PJG工法(Pendulous Jet Grout) PJG-L工法(Pendul ous Jet Grout – Large)

最近のジェットグラウト工法に於いては、現場での高速施工が求められてきています。
また、大量の硬化材を使用し、大量の排泥を排出するといった問題が常に存在しています。PJG工法のコンセプトとしては、必要な箇所の改良範囲が調節できる事で、硬化材使用量と排泥量の減少化を行ってまいりました。それらをもう一歩進めた高速施工を可能にした事で、一段と硬化材使用量と排泥量の減少化が実現できました。

特長
PJG工法(Pendulous Jet Grout) PJG-L工法(Pendul ous Jet Grout – Large)

改良目的に合わせて任意の角度調節ができる

PJG工法、PJG-L工法では、噴射ノズルが地中にあっても方向が確認できるので、必要な部分だけ改良出来るように、造成箇所の改良角度の調節ができます。

相互の密着性及びコンパクトな設備

有効径内に施工ピッチを設定すれば、超高圧ジェットで隣接柱体ならびに連続地中壁面を洗浄しながら固結するため、非常に密着性に優れています。また、狭い場所でもコンパクトな設備、機械で施工ができます。

工期の短縮

施工断面積を任意に設定できるので、円柱状のジェットグラウト工法と比較すると、無駄な部分を排除でき、造成時間が大幅に短縮できます。

経済性かつ資源の無駄遣いを解

使用する硬化材は安価で無公害なセメントが主体です。
施工断面積を減少させて硬化材使用量の減少を図ることができるので、結果として排泥量も減少でき、環境保全性に優れています。

信頼性が高く容易な施工管理

超高圧ジェットエネルギーを利用して、確実に地盤を切削しその切削土砂を混合填充する形で造成する方法なので、現場技術者の個人差による影響がほとんど無く施工管理が容易になります。

シールド、推進管の路線防護

シールド工、推進管の路線防護の際は、シールド、推進管の路線側をほぼ平面に造成することができるので、PJG杭をシールド、推進管に隣接して打設することができます。

PJG工法は、二重管六角ロッドを使用することで、先端モニターに取り付けた噴射ノズルの方向が地中にあっても、どの方向であるかを確認することができます。この特長を利用し、先端モニターの噴射ノズルより、超高圧硬化材をその周囲よりエアーを沿わせて同時に噴射させ、PJG専用マシンの回転角度の調整により、約半回転の角度範囲を往復して旋回します。そしてスライムを地表に排除させながら地盤を攪拌混合し、半円状から円柱状の固結体を造成します。

工法に関する詳細は、協会ホームページをご覧ください。

PJG-Twins工法

PJG工法は各種工事現場で実施され、発注者からの高い評価を得て、数多い施工実績に基づき発展してきました。PJG工法では、設備をコンパクトにして高圧噴射体の切削能力を高めるために、二重管六角ロッドやモニターの研究開発を行い、PJG工法の精度をさらに向上させました。大口径の造成体施工として、PJG-LT工法(Pendulous Jet Grout-Large Twins)、高速施工が可能な工法としてPJG-ST工法(Pendulous Jet Grout-Small Twins)があります。

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら