ソイルバッグ工法

D・Boxは、透水性を有する特殊な袋に定量の砕石を投入しランマー等で締め固めることで生じる、袋と袋内部に設けた内部拘束具の張力を利用して、土粒子間に大きな摩擦力を発生させることで地盤補強、振動低減効果、液状化対策等の様々な効果を発揮します。特にD・Boxの最大の特徴である内部拘束効果により、地盤反力に関係なく自らを締め固める事ができるため、通常困難とされる沼地等の超軟弱地盤においても補強効果を得る事が出来ます。
また、特殊な重機を必要とせず、場合によっては人力だけでも施工が可能なため、広い範囲での利用が可能です。

工法の特徴

  • セメント他一切の固化材を使用しないため、環境に優しい
  • D・Boxは完全に水を通すため、土中に敷設した際、地下環境に影響を与えない
  • D・Boxは基本的に土粒子を包み込むだけなので、CO2の排出量を軽減できる
  • 表層改良と同等の効果があるため、地盤補強を効率的に施工する事が出来る
  • 地盤補強と振動軽減を同時に実現するため、費用対効果に優れる
  • D・Boxを敷設した周辺地盤そのものの強度を上げることが出来る

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら