TRD工法

TRD工法は施工概要図に示すように、地中に建て込んだチェーンソー型のカッターポストをベースマシンと接続し、横方向に移動させて、溝の掘削と固化液の注入、原位置土との混合・撹拌を行い、地中に連続した壁を造成します。
H鋼などの芯材を建て込み、地下掘削時の土留め止水壁として適用できます。さらに液状化対策や地盤の補強など様々な用途への応用も可能です。

工法の原理

TRD工法によるソイルセメント地中連続壁は、所定の深さまで挿入したカッターポストを、地盤に横方向から押し付けた状態でカッターチェーンを上下方向に周回させ、チェーンに取り付けられたカッタービットを高速で移動させることによって原地盤を薄く削りほぐします。
掘削時に細かくほぐされた土は固化液と混合され、掘削液の中で流動性のあるスラリーとなり、カッターチェーンの上下周回によってカッターポスト周辺のスラリーは渦となって対流し、ほぐされた土と固化液が均一に混合撹拌されます。
固化液が混合撹拌された土は掘削溝内に満たされ、一定時間を経て固化し地中に連続した壁を造成します。

TRD工法の特徴

(1)抜群の安定性

低重心設計により、従来工法と比較して機械高が大幅に低く、安全施工が可能です。

(2)高精度施工が可能

直進性、鉛直性に優れた高精度施工が可能です。

(3)優れた掘削能力による省コスト実現

TRD施工機は硬質地盤(砂礫・土丹・軟岩など)に対しても掘削能力は高く、先行削孔等の補助工法を必要としないため、工期の短縮によるトータルコストの縮減が可能です。

(4)深度方向に均質な壁品質

鉛直方向全層を同時に混合・撹拌するため、原地盤の土質や強度が異なる互層地盤に対しても、深度方向に強度のバラつきが極めて少ない均質な壁が造成できます。

(5)目違いのない連続性

等厚式のため全体に目違いのない連続した止水性の高い、高品質の壁が実現できます。

(6)芯材間隔の任意設定が可能

壁形状が等厚であり、任意の間隔で芯材の建て込みができます。

TRD施工例

施工事例はこちら

お問い合わせはこちら