地盤改良工法(機械撹拌), 住宅基礎補強関連工事

TSC工法

特徴 施工サイクル 適用範囲 現場立会 ...   続きを読む

ピュアパイル工法

ピュアパイル工法は、セメントミルクを地中でそのまま杭状に固化させるため、土質の種別によらず高品質で高支持力を発揮する戸建て住宅用の杭状地盤補強工法です。 施工方法は呼び径216.3㎜の掘削ロッドの先...   続きを読む

表層改良工法

構造物直下及び必要領域まで軟弱地盤をセメント系固化材と混合、転圧処理することで固化盤を造成し、構造物荷重を分散させて建物を安定させる工法です。一般的に改良厚さは300㎜~1000㎜です。 ...   続きを読む

鋼管杭工法

小口径鋼管杭(一般構造用炭素鋼鋼管)を用い、クローラ式の施工機械により支持層まで回転圧入し支持力を得る工法で、建物等の荷重を杭を介して強固な地盤に伝える事により先端支持力と周面摩擦力によって建物を支持...   続きを読む

ソイルバッグ工法

D・Boxは、透水性を有する特殊な袋に定量の砕石を投入しランマー等で締め固めることで生じる、袋と袋内部に設けた内部拘束具の張力を利用して、土粒子間に大きな摩擦力を発生させることで地盤補強、振動低減効果...   続きを読む

すいへいくん

基礎ごとジャッキアップします。 建物内部に変状を与えることなく安全に建物を矯正します。 複数のジャッキを用いて建物や構造物の矯正・嵩上・アンダーピニング作業を、安全かつ確実に行う事の出...   続きを読む